トップページ > よくある質問

よくある質問

申し込み後、いつからサービスを利用できますか?

専用回線の導入に約1〜2ヶ月、システム連携を構築する場合には約2〜3ヶ月かかります。「京都ProMed CL」であれば、ご契約の翌日からのご利用も可能です。

読影レポートは、依頼後どれくらいで戻されるのでしょうか?

ご依頼いただいた読影は原則的に当日中に診断レポートをご返却いたします。
緊急の場合は、原則として1時間以内に返却いたします。
夕方以降のご依頼は翌日の午前中にお返しいたします。

診断レポートサンプルを見られますか?

こちらからご覧頂けます。

営業時間を教えてください。

平日は9:00〜19:00、土曜日は9:00〜17:00まで営業しています。日曜・祝日は緊急読影依頼のみ、9:00〜16:00まで対応いたします。

システム機器のレンタル料や専用回線の使用料は、基本料とは別にかかるのでしょうか?

すべて基本料に含まれます。

ネット上で画像のやり取りをすることによって、患者様の情報が流出しないか心配です。

NTT西日本とのタイアップで厳重なセキュリティを構築しているほか、保健医療福祉分野のプライバシーマークも取得しています。個人情報の取り扱いには十分に留意しておりますので、ご安心ください。

NTT東日本エリアなのですが、NTT西日本の専用回線を引くことはできますか?

可能ですが、別途工事費が必要となります。詳しくはこちら

院内はまだ紙伝票運用ですが、依頼可能ですか?

可能です。紙伝票を専用スキャナでスキャンいただくだけで依頼できます。検査基本情報は京都プロメド受付で入力します。臨床症状等の依頼内容は、読影時に医師が紙伝票の内容を直接参照可能なシステムとなっています。

院内のレポートシステムや電子カルテからの依頼、結果参照できますか?

可能です。主要各社との連携実績がございますので、ご相談ください。(連携構築には別途費用と日数の確認が必要となります)

頭部MRIとMRAの読影には、それぞれに料金がかかりますか?

かかりません。併せて読影いたします。

胸部CTと腹部CTの読影には、それぞれに料金がかかりますか?

かかりません。胸腹部CTとして併せて読影いたします。連続する部位の検査は原則一部位としています。

すべての読影を読影センター内で行っているのでしょうか?

専門性が高い検査を中心に、外部読影も一部併用しています。

検診等のコード入力には対応していますか?

対応しています。詳しくはご相談ください。

RI検査には対応していますか?

核医学専門医が対応しています。

PET-CT検査には対応していますか?

PET専門医が対応しています。ただし、読影料はCT検査の2件分に相当します。

Ai読影には対応していますか?

通常読影の一環として、院内急変やDOA症例の検査の読影は行っています。Ai単独での契約はおこなっておりません。

料金表・サービス概要・診断レポートサンプルなど

資料ダウンロードはこちら

遠隔画像診断に関するお問い合わせはフォームから

お問い合わせ

遠隔画像診断 料金表はこちら
遠隔読影サービスご利用者様限定Join導入特別プランの特設ページはこちら
京都プロメドCL 小規模医療機関向けサービス 新しい遠隔画像診断サービスはこちら
プロメドコラム 遠隔画像診断と医療ITの最前線はこちら

京都プロメドの個人情報保護への取り組みは、プライバシーマークの認定を受けています。

お問い合わせ