トップページ > 遠隔画像診断サービスを
ご検討の方へ
> 遠隔画像診断サービス内容

遠隔画像診断サービス内容

京都プロメドの遠隔診断サービスでは、高速かつセキュリティ上も安全な専用回線を使用しています。
「標準タイプ」と「システム連携タイプ」の2種類から、状況に合わせてお選びください。
なお、小規模医療機関向け「簡易タイプ」京都ProMed CLというサービスもご提供しています。

「京都ProMed CL」について詳しくはこちら


遠隔画像診断サービス
標準タイプ」

遠隔画像診断サービス「標準タイプ」イメージ図

拡大して見る

PACSまたは検査機器と接続し、検査機器から京都プロメドのデータセンターへ自動的に画像を転送します。
患者様の情報や読影指示などのご依頼情報は、スキャンやファイル共有などご都合のいい方法で別送していただきます。


遠隔画像診断サービス
「システム連携タイプ」

遠隔画像診断サービス「システム連携タイプ」イメージ図

拡大して見る

PACS接続に加え、各社の電子カルテなど各社のレポートシステムもデータと連携します。
患者様の依頼情報も自動で転送できるので、検査数の多い医療機関様におすすめです。


依頼状況監視ツール

ご依頼状況や診断レポートは、シンプルで見やすい専用の監視ツールからご確認いただけます。
※システム連携に関わらず標準でご利用いただけます。

依頼・返却状況をチェック

患者様の情報と合わせて、受付状況・診断レポート返却状況を色別に表示。医療機関様にて現在の状況を確実にご確認いただけます。京都プロメドでも同じデータを厳重にチェックし、返却漏れなどのミスを防いでいます。

レポートのPDFを閲覧可能

診断が確定されるとレポートのボタンが現れます。簡単なレポート配信ツールとしてもご利用いただけます。

診断レポートサンプル


診断レポートの返却について

診断レポートは
ほぼ当日中にご返信。

ご依頼いただいた読影は、原則として当日中に診断レポートをご返却。夕方以降のご依頼は、翌日午前中にご返信します。

緊急時は
原則1時間以内にご対応。

緊急時には、優先的にご対応します。
※場合により電話連絡をお願いしております。

料金表についてはこちら

料金表

小規模医院機関向けのサービスについてはこちら

小規模医療機関向けサービス(CL)


他社クラウドサービスとの連携

京都プロメドの遠隔画像診断用システム、回線を共有することで、初期費用、ランニングコストを抑えて利用していただけます。

株式会社アルム様提供
画像共有システム(Join)

今後、ワークステーションシステム、画像保存システムとの連携を予定しています。

導入ユーザー

国公立病院
8
日赤・共済・済生会・労災系病院
9
民間病院
35
クリニック・医院・診療所
32

84施設です。

2017年3月現在

日本地図イメージ


料金表・サービス概要・診断レポートサンプルなど

資料ダウンロードはこちら

遠隔画像診断に関するお問い合わせはフォームから

お問い合わせ

遠隔画像診断 料金表はこちら
遠隔読影サービスご利用者様限定Join導入特別プランの特設ページはこちら
京都プロメドCL 小規模医療機関向けサービス 新しい遠隔画像診断サービスはこちら
プロメドコラム 遠隔画像診断と医療ITの最前線はこちら

京都プロメドの個人情報保護への取り組みは、プライバシーマークの認定を受けています。

お問い合わせ