トップページ > 会社概要 > 代表メッセージ

会社概要

代表メッセージ

京都プロメドは医療機関様に「ネットワーク越しのリモート読影室」のシェアリングサービスをご提供しています。

京都プロメドの中⼼となっているのは、複数の医師が⽇勤時間帯に常駐する読影センターです。私⾃⾝が現役の放射線診断医であり、読影環境の重要性を誰よりも感じておりますので、受付事務や技術担当職員とも協⼒しあって、医師が落ち着いて読影に専念できる環境を整えるようにしています。⼤学や⼤病院と変わらぬ環境のもと、同等レベルの読影診断を提供できるよう読影医は皆、⽇々努めています。また⼦育て⽀援の観点から本社施設を拡充し、その⼀⾓に託児ルームを設置しています。⼦供を預けながら勤務できる体制づくりを進めることで、⼦育て世代の先⽣達にも存分に⼒を発揮してもらい、今後さらに充実した読影診断を提供できるものと思っております。

⼀⽅で、⽇々進化するシステムや通信技術は常に更新を進めています。読影⽤のPACS、読影端末やレポートシステムは⼤学と同等のものを使⽤し、安定した運⽤と読影の質の向上を図ります。ネットワークもNTT ⻄⽇本様とタイアップし、常に最新の安全かつ⾼速なネットワーク構築を⾏なっています。また⼩規模施設様向けにスタートした「京都ProMedCL」は、インターネットクラウドサービスと専⽤ツールを使って初期投資やランニングコストをカットしながら、標準タイプと同じ読影クオリティのご提供を実現しています。情報はVPN(仮想専⽤線)接続下で配信・共有されますのでセキュリティ上も安⼼。現在では病院の規模に関わらずさまざまな医療機関様がニーズに合わせてご利⽤されています。

これらの⽅針をご理解いただき、2007年の創業から現在に⾄るまで「内容が不満で解約する」という事例は幸いありません。もちろん、個々の症例では診断内容や検査⽅法等に疑問が⽣じる場合もありますので、その際には主治医や担当技師の⽅々との対話を通じてより正確な診断を⽬指します。こうした過程は、病院内の放射線診断医が⽇々⾏なっている仕事と何ら変わりありません。私達がご提供したいのは、単なる通り⼀遍の診断レポートではなく、医療⼈同⼠のコミュニケーションです。

京都プロメドがご提供する「リモート読影室」シェアリングサービスは、ひとつの医療機関様では維持が難しい⼈材と設備をシェア(共有)することにより、全国のさまざまな地域、さまざまな規模の医療機関様に向けた質の⾼い画像診断サービスのご提供を可能にし、実績を積み重ねています。今後も読影医が不⾜している地域でのサービス提供を通じ、地域の患者様に貢献できるよう引き続き努⼒していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

京都プロメド株式会社 代表取締役 画像診断センター長 河上 聡 写真

京都プロメド株式会社
代表取締役 画像診断センター長
河上 聡

料金表・サービス概要・診断レポートサンプルなど

資料ダウンロードはこちら

遠隔画像診断に関するお問い合わせはフォームから

お問い合わせ

遠隔画像診断 料金表はこちら
遠隔読影サービスご利用者様限定Join導入特別プランの特設ページはこちら
京都プロメドCL 小規模医療機関向けサービス 新しい遠隔画像診断サービスはこちら
プロメドコラム 遠隔画像診断と医療ITの最前線はこちら

京都プロメドの個人情報保護への取り組みは、プライバシーマークの認定を受けています。

お問い合わせ