トップページ > 遠隔画像診断サービスを
ご検討の方へ
> 小規模医療機関向けサービス

小規模医療機関向けサービス

京都ProMed CL For Clinic, By Clound

「京都ProMed CL」の読影は標準タイプと同じ環境で⾏われていますが、
インターネットクラウドを使って医療機関様から画像転送するため専⽤回線・機器が不要。
初期投資やランニングコストがかかりません。また画像情報は匿名化され、
個⼈情報を含む読影依頼やレポート配信は⼀時的なVPN(仮想専⽤線)接続下で暗号化されますので
セキュリティ上もご安⼼いただけます。
「京都ProMed CL」は2012年クリニック様や⼩規模病院様に
気軽に使っていただくサービスとしてスタートし、2017年リニューアルしました。
使いやすく安全、低コストなうえ診断クオリティは標準タイプと変わらないことから、
現在では病院の規模に関わらずさまざまな医療機関様にご利⽤いただき、確かな実績を積み重ねています。

こんな場合には「京都ProMed CL」がおすすめです

1
読影診断は行うが
月々の件数は多くない

読影に必要な画像は、お手持ちのパソコンから専用ツールを通してアップロードしていただきます。標準のタイプより医療機関様に手間がかかるため、検査件数が少ない場合におすすめしています。

読影診断イメージ写真

2
初期費用・ランニングコストを
抑えたい

専用回線を導入するための工事や、システム構築は必要ありません。初期費用は無料で利用を開始できます。利用料は診断ごとの料金で、月々の基本料は不要です。

京都ProMed CL For Clinic, By Clound

3
診断の質は
落とせない

読影は京都プロメドの「標準タイプ」と同じ方法で行っているのでご安心ください。診断クオリティに差がないのはもちろんのこと、お電話での問合せにも対応いたします。

診断中の写真

ご契約までの流れ

  1. 1. お問い合わせフォームからお申し込みください。
  2. 2. 専用ツールのインストーラとマニュアルをメールでお送りしますので、手順に従って専用ツールをインストールし画像送信テストを行ってください。テスト後にサービスをご利用されるかどうかご判断いただけます。
  3. 3. サービスをご利用の場合、契約に必要な書類一式を郵送します。
  4. 4. 書類をご確認のうえ署名捺印いただき、ご返送ください。契約手続き完了をもってサービス開始となります。

ご契約後の流れ

1. DICOM画像のアップロード

読影依頼するDICOM画像を保存したメディア(CD-R、USBメモリー等)をパソコンに挿入。専用ツール『画像アップローダー』を起動し、画像をアップロードしてください。

※画像内の情報は匿名化して送信されます。


2. 読影依頼

専用ツール『読影依頼入力ツール』を起動し、1.でアップロードした検査のリストから依頼する検査を選択。入力フォームに必要事項を入力し、ご依頼ください。

※入力フォームの情報はVPN接続下で暗号化され安全に送信されます。


3. 所見の返却

専用ツール『所見確認ツール』を起動し、表示された読影済み検査リストの所見ボタンから所見を閲覧ください(PDF形式)。所見はファイル保存、もしくは印刷してご利用ください。

診断レポートサンプル

※所見の情報はVPN接続下で暗号化され安全に送信されます。

注意事項

  • 専用ツール動作環境(OS:Windows7 以上、ブラウザ:Internet Explorer 11 / Google Chrome(最新)/ Mozilla Firefox(最新))
  • ご利用いただくには専用ツールのインストールが必要となります。

料金表・サービス概要・診断レポートサンプルなど

資料ダウンロードはこちら

遠隔画像診断に関するお問い合わせはフォームから

お問い合わせ

遠隔画像診断 料金表はこちら
遠隔読影サービスご利用者様限定Join導入特別プランの特設ページはこちら
京都プロメドCL 小規模医療機関向けサービス 新しい遠隔画像診断サービスはこちら
プロメドコラム 遠隔画像診断と医療ITの最前線はこちら

京都プロメドの個人情報保護への取り組みは、プライバシーマークの認定を受けています。

お問い合わせ